株式会社エーティーエー

Atajet SOL

Atajet SOL シリーズは、高機能インクカートリッジ Zion (ザイオン)とBryce1.5(ブライス1.5)を採用した、産業用TIJ(サーマルインクジェット、以下 TIJ 方式)プリンター。
国産インクジェットプリンターでは、初めて Zion や Bryce1.5 を搭載できるプリンターです。

溶剤系インクを使用できるCIJ(コンティニアスインクジェット、以下 CIJ 方式)プリンターは、バーコード、有効期限、シリアル、及びその他のマーキングに活用されております。
しかし Atajet SOL は、これまでの TIJ プリンターの常識を覆し、CIJ プリンターを圧倒的に上回るコストパフォーマンスを見せてくれます。

Atajet SOL はどのようなプリンターなのか、皆さんがお使いのプリンターとどのように違うのか、TIJ 方式と CIJ 方式では何が違うのか、ご紹介します。


Atajet SOL のカタログは こちら
Atajet SOL の TIJ と CIJ の違いは こちら

最大12mmの長距離印字

Atajet SOL が採用している TIJ 方式の新型カートリッジは、従来型よりもヘッドと印字面との間に距離をとることができます。
2~3mmまでしか離すことができなかった従来の TIJ カートリッジに対し、Zion カートリッジは最大で12mm、Bryce1.5 カートリッジは最大6mmの距離をとることができます。

従来の TIJ 方式では印字が難しかった飲料缶の底面のような凹んだ表面、湾曲したペットボトル、タマゴのような球体への印字を可能にしました。 これは、Atajet SOL に切り替えることができる理由の1つです。

高度な印字品質

高精細で視認性アップ

TIJ 方式による印字に比べ、CIJ 方式のドットマトリックスによる文字や数字は読みにくく、誤って読み取る可能性があります。
B・G・O・Q・0・3・6・8 などは読み間違いやすく、違う製品や期限切れの製品が取引先やエンドユーザーまで届く可能性があります。 明確で読みやすい文字は、明らかに Atajet SOL の TIJ 方式と言えます。

※ ドットマトリックスで文字や数字を表すCIJ 方式(左)と、TIJ方式の Atajet SOL(右)

2列のノズルで目詰まりに対応

Atajet SOL で使用しているカートリッジのノズルは2列。従来の TIJ インクカートリッジのノズルは1列構成なので、ノズルが目詰まりを起こすと、その部分が印字されずに線が入ってしまいます。
Atajet SOL では、万一1つのノズルが目詰まりを起こしても他方のノズルが補完して、線が入ることを防ぎます。

用途に合わせたインク選び

印字性能を最大限に引き出す

現在日本で主流となっている溶剤系インクは、有機則非該当インク(MEK フリーインク)です。
Atajet SOL は様々なインクに対応ができ、高度な定着性と速乾性を併せ持つ有機則非該当インクを使用できます。

また多機能な高濃度ソルベントインクが必要なケースでも、Atajet SOL は対応できます。
高濃度ソルベントインクは、有機溶剤を使用することで有機則非該当インクよりも定着性や速乾性が高くなります。

しかし従来のカートリッジはヘッド部分の溶剤耐性が低いため、高濃度ソルベントインクを使用するとすぐに劣化してしまいます。
Atajet SOL が採用した高機能カートリッジの Zion や Bryce 1.5 は、溶剤耐性が非常に高く、劣化せずに印字性能を最大限に引き出します。

印字面の素材や用途に合わせて様々なインクに対応でき、カートリッジで簡単にインク交換ができるプリンターは Atajet SOL だけです。

カートリッジ方式の強み

メンテナンスフリーで実現する絶対的な価格差

CIJ 方式がインクジェット業界にアピールしたのは、常にインクを循環させることでインク詰まりを防ぎ、印字されないインクを回収する方法でした。
しかし複雑な電子部品やインク回収システム、補助液など、TIJ 方式よりも多くの定期的な洗浄とメンテナンスを必要とします。複雑なシステムには年間のメンテナンス契約を結ぶケースもあり、自然と運用コストが上がり、メンテナンス中は生産が止まってしまうのです。

一方 Atajet SOL のコストは、初期の導入費用と通常のインク代のみ。複雑な電子部品やインク回収システムは無いので定期的な洗浄やメンテナンスは必要ありません。もちろんメンテナンスのための契約もありません。

Atajet SOL では、万一ノズルが詰まった場合でもカートリッジを交換するだけで、素早く再稼働ができます。
CIJ 方式とはまったく違ったアプローチで、メンテナンスフリーを実現します。

瞬時に運転開始

CIJ 方式は、スタートアップとシャットダウンに時間がかかります。
Atajet SOL は、インクカートリッジをセットして電源を入れれば、最小の時間で稼働ができます。
小ロットの段取り替えなどには非常に有効で、ダウンタイムを極力減らし生産性の向上につながります。

TIJ 方式だから実現できる VOC 排出量削減

CIJ 方式はノズルの詰まりを防ぐため常時インクを噴出する方式で、印字に使用しないインクは循環されタンクに回収されます。

しかし全てのインクが回収されるわけではありません。ソルベントインクを使用していれば、かなりの量の VOC(揮発性有機化合物)が作業現場に漏れ大気汚染に直結します。

またニーズが高まっている有機則非該当インクも、規制対象リストに載っていないものの同等の有害性を持つ溶剤が使われているインクもあります。
さらに、洗浄のために追加の溶剤やその他の材料を使用する必要があり、従業員の健康リスクが高まります。

TIJ 方式の Atajet SOL はインクカートリッジなので、印字に必要なインクのみを供給し偶発的な漏れのリスクを防ぎ、メンテナンスはカートリッジの交換のみ。洗浄も無く、清掃などの手間やコストの削減につながります。

米インクメーカーによると、VOC の環境への暴露を CIJ 方式と比較しインクカートリッジは約 1/10 と大幅に削減できると発表しております。

欧米諸国の大気環境への関心はとても高く、米国では法令化されヨーロッパではEU指令により各国の VOC 削減目標が決められております。

日本でも平成16年5月の大気汚染防止法の改正により、平成18年4月から VOC の排出規制が実施されています。
また多くの産業団体で、VOC 排出の自主的抑制を働きかけています。

Atajet SOL が職場環境の改善、大気汚染防止、さらにコスト削減のお手伝いをします。

充実のインクラインナップ

長年に渡るインクジェットプリンターの製造・販売実績を持つ当社だからできる、幅広いインクのラインナップをご用意しております。

有機則非該当インクは、高い印字性能と安全性をが特長です。
MEK 溶剤インクは、TIJ 方式の非多孔質基板への印字の可能性を無限に広げます。

印刷したい対象に応じ、有機則非該当インクや水系インク、高濃度溶剤インクと、適切なインクをご提案いたします。
まずはご相談ください。


有機溶剤中毒予防規則は、有機溶剤の安全基準を定めた厚生労働省の省令で、厚生労働省が管轄し、労働安全衛生法に基づいて定められています。詳細は、厚生労働省のホームページをご覧ください。<https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/120815-1.html>

自社開発の筐体とコントローラー

すっきり簡単・省スペース

コントローラー外付けのセパレートタイプと、コントローラー内蔵の一体型が選択可能。一体型については印字幅が 2倍の SOL 2 もご用意しました。

いずれもタッチパネルもしくはパソコンと繋ぐだけで可能するシンプルな設計と接続で、省スペース化が実現できます。 タッチパネルもパソコンの専用ソフトも自社開発なので、もちろん日本語表示で操作は簡単。CIJ 方式のように高いスキルやトレーニングは必要なく、誰でも簡単に操作できます。

接続例

プリンター本体とコントローラー、そしてタッチパネルもしくは PC があれば印字が可能です。
小型でシンプルなスタンドアローン型なので、製造ライン周辺の場所を取りません。 既存の製造ラインにも取り付ける事ができるので、まずはご相談ください。

仕様

品名Atajet SOLAtajet SOL 1Atajet SOL 2
タイプ据付け型
印字方式サーマルインクジェット方式(Funai製TIJ)
ヘッド数1ヘッド1ヘッド2ヘッド
最大文字高12.5mm12.5mm25mm
コントローラー外付け内蔵内蔵
外径寸法(mm)W71.5×H88.5×D127W125×H129×D132W158×H129×D132
印字品質300dpi / 600dpi 切り替え
ライン速度121m/min 150dpi(10mmギャップ)、28m/min 300dpi(1/2インチ2Dバーコード)
登録文字500種類(英・数・ひらがな・カナ・記号・漢字)
イメージ登録300×4000ドット 20イメージ300×4000ドット 20イメージ600×4000ドット 20イメージ
使用環境温度15℃ ~ 35℃、湿度30% ~ 80% (結露無きこと)
電源85V ~ 265V(47Hz ~ 265Hz)

お問い合わせ

エーティーエーは長年にわたる産業用プリンター製造販売の経験を基に、使用場面や印刷対象物に適したプリンターとインクをご提案し、課題解決をお手伝い致します。

  • 見積依頼
  • 用途に応じたプリンターやインクカートリッジの選定依頼
  • 印字テスト、サンプル依頼
  • 製品に関する不明な点

など、下記の電話番号またはメールアドレスまで、まずはお気軽にご相談ください。

Atajet SOL のカタログは こちら
Atajet SOL の TIJ と CIJ の違いは こちら

 03-5961-5866

 info@ata.ne.jp

<< 前のページに戻る