ATAのhomeへリンク木材試験機メニューへリンク会社プロフィールへ                 ATAへメール                   

Handy Grader for Lumber Testing
     
構造用製材のハンディグレーダー      HG-2001

  針葉樹構造製材のJAS規格に規定する
  機械等級区分製材の測定器

                製材登録認定機関  一般社団法人 全国木材検査・研究協会 認定番号 [JLIRA-Ef-4]

概 要

 平成12年度の建築基準法の改正に伴い、構造用製材の性能規定化が求められています。構造材の強度性能は建物の構造計算にとって非常に重要なことです。
 瑕疵保障制度の導入に対し、明確且つ客観的データで製材強度を示すことが出来るか否かが問われます。
 HG-2001は非破壊方式の木材強度(ヤング率)測定器として構造用製材認定機関である(社)全国木材検査・研究協会により認定された非破壊方式ハンディタイプのグレーディング・マシンです。発売以来、全国の公的機関、研究機関は基より民間の製材所などで広くご利用頂いております。機械等級区分構造用製材工場の強度測定器、集成材用ラミナの機械等級区分器として公的に認められています。
 強度測定材があたりまえとして流通することは間違いなく、設計段階で使用する製材の強度区分が指定された場合でも材を傷つけること無く、全数検査できるので製材所、プレカット工場、工務店の現場に簡単に持ち運び、コンパクトなグレーディングマシンとしてご利用いただけます。


HG2001
HG-2001


ハンディグレーダーのセット内容

自動打撃ユニット


自動打撃ユニット
HG-2001 のセット内容
測定器とマイクロフォンをいったい構造にしたコンパクト設計で操作も簡単です。
右の写真のようなスペクとラムが信頼の証
HG-2001はこの波形を保証します。
HGのスペクトラム
スペクトラム表示

縦振動方式の原理と特徴・・・・短時間で測定結果が求められて、実荷重測定と同じような結果を得ることができる

縦振動方式は、木材を打撃して縦振動を起こし、その縦振動数から木材中の音速を算出し、音速と木材重量(密度に換算)から木材のヤング率を求める方式です。木材や金属中を伝わる音波の速度は、右の式にあるように、媒質のヤング率と密度の関数になっています。このように振動数から求められたヤング率は、動ヤング率とも呼ばれ、静的な力をかけて求めた静ヤング率と高い相関関係にあります。

ヤング率の計算式

木材中の音速: v  木材の比重: G   重力加速度: g
体積: V   重量: W
木材のヤング率: E  木材の密度: ρ  木材の長さ: L
振動数: f

 v=√E/ρ  E=v2×ρ  v=2××L(距離/時間)


品確法時代に即応した現場主義

1. 一般社団法人 全国木材検査・研究協会 認定
              (JLIRA-Ef-4)

 
機械等級区分製材を生産するJAS認定工場に設置を義務付けられている機械等級区分測定器として必要な用件を満たしています。
2. 誰にでも操作簡単
 
重量測定部に材を載せ、寸法等の設定を呼び出し、測定器のマイクロフォン部分を材の木口に近づけてハンマーで測定材を叩くだけ。等級をはじめとする必要なデータが瞬時に表示されます。

3. 材を破壊しない
 打打撃振動による固有振動周波数と密度からヤング係数を算出する方式を採用しています。測定材に余分な圧力を加えて材を傷めることもありません。

4. 軽量コンパクト設計
 移動と操作性を重視して、測定器・重量測定部を一つのトランクケースに収納しました。充電式の電源なので屋外や電源の無い現場でも持ち運んで簡単に測定できます。

  標準仕様 

被測定材寸法
木口短辺・・・103mm以上150mm以下 表   示 タッチパネル画面操作と状態表示
等級、ヤング係数、重量および各種設定内容
木口長辺・・・103mm以上390mm以下
材 長・・・3000〜6000mm 外部入出力 RS232C出力
オプション: USBメモリ
樹   種 1〜3の各樹種群正角および平角(6タイプ)
被測定材重量
(130kg重量計測台×2式)
最大計測可能重量 130kg*2
読取限度 20g
使用電源
AC100V (50/60Hz)
(電圧変更も承ります)
等級区分 6区分(E50〜E150/農林水産省告示1083号)
測定方式 打撃振動方式による固有振動数と密度から、製材の曲げヤング率係数を算出 使用温度 0℃〜40℃
使用湿度 85%RH以下(但し結露しないこと)
諸設定 ハンディグレーダの前面スイッチによって樹種、寸法等を設定(動ヤング測定) 重   量 指示計 1.5kg
重量計 2.3kg×2台
※ 製材の機械等級区分製材のJAS認定工場取得の申請設備として携帯型(移動式)は認められていません。申請設備は固定設置型が条件となっています。JAS認定工場取得申請用としてご導入検討には専用固定型がありますのでご相談ください。

HG-2001のカタログのダウンロードは ここをクリック してください。

また、HG-2001Systemのカタログについては  こちらをクリック してください。
短尺にはL等級判別仕様に対応したラミナ用ハンディーグレーダーと言ってご用命ください。

ATA Co.Ltd

株式会社 エーティーエー
東京都北区滝野川7−11−3 
電話番号 03−5961−5866
ファックス 03−5961−5867
本社・埼玉工場
E-mail  info@ata.ne.jp