Maintenance splay for Inkjet Printer
  
VersaPrint V300用メンテナンススプレイ
 
Hidef, VersaPrint V300インク のためのメンテナンスキット      

 プリンターの目詰まりの原因の多くはノズルに付着したインクの固化によるものがほとんど。
 ATAはインクに適合するメンテナンススプレイとヘッドを傷つけないキムワイプを一緒にした
メンテナンスキットを用意しました。

このメンテナンススプレイはTrident社製インクジェットプリンタヘッドを使ったIJPをお使いのお客様にもこれまでその存在があまり知られていなかったようです。
そのため、高価なインクを大量に消費したり、高額のメンテナンス費用が発生したというお話を聞きます。
このメンテナンススプレイはインクジェットプリンタを運用する上で大変重要です。

プリンタを長持ちさせるには日常のヘッドのメンテナンス(清掃)が絶対に必要です。
ワイプでヘッドをただ拭いただけでは固化したインクの除去は不完全でプリンタ使用環境の改善にはつながりません。

長期間の安定した使用に耐えるためには日々の使用前、使用後のメンテナンスが重要なポイントになります。 特に長期間の休日などで、プリンターをお使いにならない場合はこのメンテナンススプレイによるメンテナンスは絶対に守らなければなりません。

使用前
メンテスプレイ前のプリントヘッド

このメンテナンススプレイでプリントヘッドを長期に安全に安定してお使いいただけます。 プリントヘッドには約70℃になるような高い温度をかけています。そのため髪の毛よりも細いノズルにインクが固化して目詰まりの原因をひき起こします。それを防ぐ為には作業終了後にこのメンテナンススプレイをひと吹きしておくことが重要です。
 写真からも分かるように、ちょっとひと吹きで見事に新品同様の輝きになります。

使用後

品  名 メンテナンスキット V300用 AllWriteメンテスプレイ
AllWriteメンテスプレイキット
金  額 \ 11,000
(V300専用の保守用溶剤です)
(※送料別)
(右の写真のようにスプレイ4本とワイプ200枚がセットになります)
型  名 VersaPrint Maintenance splay 又は
AllWrite Maintenance splay(Hidefインク用)
適合機種 VersaPrint V300 ink 及びHidefインク 特長

VersaPrintインク及びHIDEFインクの固化の溶解、ふき取り
プリントヘッドの清掃
仕  様 ポリアルキレングリコールアルキルエーテル
引火点:121℃以上
自然発火温度: 277℃
液状
備  考 インク専用溶剤4本
+ワイプ200枚


お支払方法について: 初回のお取引の場合は原則として銀行振り込み、或いは代金引換による方法でお願いいたします。 詳しくはご注文時にご確認ください。


ScanTrueIIのメンテナンスキットはこちらのページです

インクの固化を解消するためのメンテナンススプレイを使うことで、プリンター機構をメーカ
ーに修理に戻すことを極端に減らすことができます。 (インク、プリントヘッドに適合する専用の
メンテナンススプレイですからヘッドを傷つけたり腐食させたりすることもありません。)

   
    ATAは産業用大文字IJPで一番使われているTrident ITW社が提供するIJPインク
    とメンテナンススプレイ等消耗品を販売しています。

    Atajetシリーズに使われているはTrident ITW社のIJPのプリントヘッドJet96/32、
    Jet192/32シリーズのメンテナンスについては
こちらのページをごらんください。

    プリントヘッドメンテナンス  はこちらをクリック
 

ATA Co.Ltd

株式会社 エーティーエー
東京都北区滝野川7−11−3 
電話番号 03−5961−5866
ファックス 03−5961−5867
本社・埼玉工場
E-mail  info@ata.ne.jp