ATAのhomeへリンク産業用計量機メニューへリンク会社プロフィールへ                 ATAへメール                   

Forklift Scale
   フォークリフトスケール CXM Series
フォークリフトスケールは頼りになる計量機能付き運搬車両!
ATAはフォークリフトスケールが計量のためだけにフォークリフトを占有するという考え方は間違っていると考え、タフで丈夫なフォークリフトスケールを創りました。
通常の荷役作業をがんがんこなす頼りになるフォークリフトの機能はそのままに、運ぶ荷物や製品・材料・原料の重さをリフトと同時に正確に計量すること。これがCXMの製品コンセプトです。

概要

 フォークリフトスケールは安全・信頼・スピードの3つの柱を満足するものでなければなりません。
 荷役作業中に計量できる画期的な計量器ですから据置計量器の固定スペースが要らなくなり荷さばきスペースの有効利用ができるようになります。さらに、計量器までの移動走行時間が要らないので作業効率のアップにつながります。

フォークリフトスケールの先進国の欧米ではフォークリフトによる計量がごく一般的に行われ、計量管理や過積載防止などで活躍しています。

無線式フォークリフトスケールCXM

取付けフォークリフトのメーカーは問いません!
 これからご購入のリフトに取付けたいというお客様
 現在お使いのリフトに取付けたいというお客様
  メーカー名とモデルをご連絡ください。
フォークリフトメーカー各社の代表リフト
トヨタ、日産、コマツ、住友ナコ、ニチユ、TCM、三菱、CAT

がんがん使うフォークリフトだから
現場でメンテナンスできるのがうれしい!
計量器は始業前の簡単な点検で安心計量。定期的な自主点検で校正もできます。
万一狂いを見つけてもほとんどの場合工場に持ち帰ることなく現場で修理対応できます。
フォークリフトスケールの種類:

 無線式
CXMはフォークの計量部から表示部までのケーブルが無いので、ケーブル断線による事故トラブルが解消し扱いやすくなります。ケーブル配線には不向きなサイドシフトフォークや3段マスト型フォーク、回転アタッチメント付きフォークにも適用できます。
通信には最先端ブルーツース技術を採用しています。



サイドシフトフォークに取付けたCXM
サイドシフトフォークに取付けたCXM

 仕 様

型 式 CXM1000 CXM1500 CXM2000 CXM2500 CXM3000 CXM3500 CXM4000 CXM4500 CXM5000
最大秤量 1.0 ton 1.5 ton 2.0 ton 2.5 ton 3.0 ton 3.5 ton 4.0 ton 4.5 ton 5.0 ton
読 取 1kg 1kg 1kg 2kg 2kg 2kg 5kg 5kg 5kg

計量センサ:専用機構ロードセル 電源(指示計): DC12/24V/48V
表示器: 赤色LED 4桁 無線送受信部(CXM): ブルートゥース無線
機 能: ワンタッチ風袋引き、 ゼロ調整
        プリンタ (オプション)
使用温度範囲: 0℃〜40℃
重 量: 2.5ton機種までは片側約50kg
      
3.5ton機種までは片側約65kg
指示計: 専用ケーブルレス指示計

   タッチパネル式指示計の構成もご提案します。
(オプション)
      
デジタル風袋引き、個数換算機能、Gross/Net表示



* ご発注の際、ご使用になるフォークリフトの取付け部の寸法をお知らせください。

フォークリフトスケールの用途と応用例

・出荷/受入の計量
・在庫管理
・輸出梱包の計量
・原料の混合計量
・産業廃棄物の計量
・過積載防止

使用現場例:
 鍛造所 金属・非鉄金属の重量、溶湯の重量管理
 印刷・化学工場: 原料配合のはかりとり
 化学工場: ドラム缶の計量、充填、巻き線等の重量測定
 食品工場: 製造工程前後における重量管理
 物流センター: 梱包品の重量チェック
 配送センター: 出荷・受入の際の過積載・受払い管理
ATAは計量のネットワーク化を提案します


フォークリフトスケールで計量したデータは
運転席だけでなく、ネットワークを介して事務所での
管理や無線LANによるデータ管理にも活用できるよ
うシステムのご提案をさせていただきます。

計量データは企業の宝!

データベースサーバーを使って計量データを
共有すればネットワーク内のすべてのコンピュ
ータから必要な集計や処理が可能になります。

カタログのダウンロードは こちらをクリック してください。

ATA Co.Ltd

株式会社 エーティーエー
東京都北区滝野川7−11−3 
電話番号 03−5961−5866
ファックス 03−5961−5867
本社・埼玉工場
E-mail
 info@ata.ne.jp